読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日より素晴らしい明日を

趣味は寺社参拝です。真面目に参拝しておりますが、参拝日記もそれ以外もできるだけ楽しく書いております。

丹生都比売さま

泊まりなのに

なぜ、

高野山を急いで回ったかというと

 

高野山に伺うのであれば

こちらに参拝したかったので!

www.niutsuhime.or.jp

 

7、8年前?

行ったという人に

パンフレットを見せてもらったら

 

車でないと

いけなさそうな場所

絶対無理ーorz

 

と思ってご縁がないのかなぁと

思っていました。

 

でも今回、

高野山へのルートを検討していた際

気になって

丹生都比売神社のホームページを

見てみたところ

 

「9月17日から11月27日までの

   土・日・祝日に、

   南海・JR橋本駅及び高野山

   当社を繋ぐ

   「高野山世界遺産アクセスバス」が

   運行いたします 」

 

なんとっっっ\(゜ロ\)(/ロ゜)/

 

そんなワケで 

二日目は

丹生都比売神社へ! !!

 

本当は、高野山に伺う前に

参拝したかったのですが

日程の都合上

2日目にいたしました。

 

奥の院前のこのバス停から

 

f:id:rainbowstation:20160929221148j:image

 

高野山からは1日2本です(^_^;)

 

f:id:rainbowstation:20160929221212j:image

 

バスの乗客も

私と、

同じ宿で私の話を聞いた人の

2人のみ(^_^;)

 

バスに乗って 

どんどん、山を下って

 

約45分。

 

着いたーヽ(*>∇<)ノ

 

 

 

とっても、

 

のどかです( ̄ー ̄)

 

 

 f:id:rainbowstation:20161002212028j:image

 

この橋、

渡れるのねーヽ(*>∇<)ノ

 

f:id:rainbowstation:20161002212110j:image

 

f:id:rainbowstation:20161002212150j:image

 

f:id:rainbowstation:20161002212206j:image

 

f:id:rainbowstation:20161002212225j:image

 

f:id:rainbowstation:20161002212327j:image

 

手をあわせて、

ここまで来させていただいたことに

感謝をいたしました。

  

参拝前まで、

中央構造線に近い場所なので

凄まじい気を持つ神社なのか?!

 

はたまた

以前、大変な思いをして訪れた

某神社にて

感激しまくりの周りの人を横目に

あたしゃ何も感じねぇ( ̄ー ̄)

と思ったのと同じように

期待が大きすぎて

何も感じないのか?!

 

と両極端な心配をしていましたが

 

どちらもハズレで、

思いがけず

 

ぽよん♪ ♪   ほわん♪ ♪

 

とした、

陽だまりのような神社でした(*´ヮ`*)

 

地域性もあるのでしょうね(*´ヮ`*)

 

ご祈祷を申し込んで

本殿近くまで行けたら

感じ方も

変わるかもしれませんが

 

宿で

お会いした方に

「女性なら参拝したほうかいいわね」

と言われましたし

 

丹生=にう=柔

 

ということなのでしょう。

 

男性性の強い私には

こういう

ぽよん♪♪

とか

ほわん♪♪

というエネルギーが足らず、

生きていく上で

こういう雰囲気を纏うことも

必要なんだなと

あらためて思いました。

 

二つ鳥居までは

かなり遠そうなので

 

和歌山県かつらぎ町 天野の里 史跡 丹生都比売神社他

 

あきらめて

駅行きの

バスに乗ることにいたしました。

 

以前見せてもらったパンフレットには

記載がなかった記憶がありますが

コミュニティバス

走っています(*^_^*)

 

丹生都比売神社の

コミュニティバスのバス停です。

 

f:id:rainbowstation:20161002213351j:image

f:id:rainbowstation:20161002213406j:image

 

私はコミュニティバスではなく

期間限定の

橋本駅行きバスに

乗りました。

 

f:id:rainbowstation:20161002213505j:image

 

期間限定バスで

高野山にも戻れます。

 

高野山行きも

橋本駅行きも、

コミュニティバス

本数・時間に注意、です。

 

私たちが参拝した時間は

私たち二人のみでしたが(^_^;)

 

大河ドラマ真田丸

の紀行で紹介されたので

参拝される方も増えるといいな(*´ヮ`*)

と思っております♪♪♪

 

紀行 No.39|NHK大河ドラマ『真田丸』

 

f:id:rainbowstation:20161010115154j:image

 

 

広告を非表示にする