今日より素晴らしい明日を

慎みて怠ることなかれ

Y田部長、密を避けるブーム

午後3時頃、社内で「ゴーーー!ッ」という煩い音の出所を探っていたら、Y田部長が窓を開けていました。

Y「密を、避けるぅ(^。^)♪」

私「換気、大事ですもんね」

Y「あっちの、窓が、いい〜(´・o・`)」

私「そうですね、あっち側、神社ですもんね」

Y「神の、風〜(^o^)♪♪♪」

神社話はY田部長と気が合います。

それにしても、「三密」は密教用語ですが、空海さんもこんなことに使われるとは想像してなかっただろうな(-_-;)

 

Y田部長、検温に勤しむ

Y田部長、お昼にネクタイが緩んでいました。

私「また、お昼に検温したんですか?」

Y「してない。なんで(´・_・`)?」

私「ネクタイ緩めてあるから、検温したんだと思いました」

Y「あ。測ろうと思って、忘れてた(^。^)♪」

*ウチの会社、朝晩検温するように言われていますが、お昼に検温しているのはY田部長だけです(-_-;)

 

Y田部長、完璧じゃないですよ(-_-;)

Y田部長に体調を聞いてみました。

私「体調はいかがですか?」

Y「LINEの、やったぁ〜(^。^)♪ 完璧って、答えたぁ〜(^o^)♪♪♪」

LINEみんなの使い方ガイド|LINE

私「私はまだやってませんが…この前、通夜のあとでご飯食べたところが、結構密接だったので、怖いですよね」

Y「・・・(´・_・`)」

Y田部長、おなかいっぱいになって満足して、すっかり忘れていたようです(-_-;) 自分食べ終わったらマスクしましたが、どうなんでしょうね(-_-;)

 

真実を顕らかに

キャンペーン · 私の夫、赤木俊夫がなぜ自死に追い込まれたのか。有識者によって構成される第三者委員会を立ち上げ、公正中立な調査を実施して下さい! · Change.org

賛同してまいりました。

自分自身も若い頃、勤めていた会社の上の人を守るための粉飾決算、リストラ、セクハラ加害者の保身に巻き込まれ、身体を壊して逃げるように退職いたしました。たかだか小さな一会社の社員だった自分ですらこの状態、公務員として国のために心身尽くして働かれていた赤木さんのことを思うと、言葉になりません。いまも真実に背いて政治を行なっている政府を私たちは許してよいのでしょうか。この政府を許すということは、未来の自分たちの身を滅ぼすことと同意義かと思います。真実が顕らかになることを、心より祈っております。

Y田部長、おいていかれる

乙女座倶楽部のKさんは、火曜日から今日まで出張だったため、S山さんのお通夜にも葬儀にも参列できませんでした。

私「それ、S山さんの粗供養です」

K「ありがとうございます」

私「Iさん、ずっとメソメソしていました。昨日もまだメソメソしてました」

K「過ぎたことは仕方がないです」

…Kさんはドライです(-_-;)(さすが前後型体癖)

K「あれ、隣の部の派遣のMさん、もう辞めちゃったの?」

私「期間満了で、一昨日で最後でした」

Y「おれが、最初に、いなくなるって思ってたのに、みんなに、置いていかれるぅ〜(´・o・`)」

K「そうですね」

私「S山さんにも、置いていかれちゃいましたね」

K「ははははは(=^▽^)σ」

Y「・・・それは、まだ、置いていかれたほうが、いい(。>д<)」

そりゃそうですよね(^_^;) 

Y田部長には、健康になっていただかないと( ๑˃̵ᴗ˂̵)و …相変わらず、食べすぎですけどね!

Y田部長、しっかり検温する

S山さんの通夜に会社の数人で新幹線に乗って出かけました。新幹線はウワサ通り空いておりました。通夜の読経がものすごい速さで終わり… ご家族の方に挨拶を済ませ、駅でごはんを食べて帰途につきました。帰りの新幹線を降りたら、Y田部長が

Y「外人さんがいたでしょ。だから、席、変わったぁ〜(。>д<)」

私たちは全然気がつきませんでした。

そして今日、

Y「昨日、危なかったから、ね。体温を朝と、昼と、夜、測るぅ〜(^。^)♪」

私「昼もですか!」

Y「今朝、36.6度だったから、上がる かも、と思って測ったら、36.3度、だったぁ(^o^)♪♪♪」

私「食べてちょっと汗かいたかもしれませんね、汗かくとちょっと体温下がりますからね」

そんなワケで、自分も測ってみましたが、35.3度… これだと、万が一感染して熱が出ても37.5度にまで到達しない気がしてきました(-_-;)