今日より素晴らしい明日を

どんなときでも、親切に。

楽器の運搬は大変

コントラバスを持って新幹線に乗車する時はデッキのドアに立てかけておくが駅に着くたびにどちらのドアが開くかわからない→車掌さんが渡してくれたメモが素敵だった - Togetter

とても素敵な車掌さんですね(*´艸`)

学生時代の友人が、コントラバスを習っていて運ぶのにとても大変そうでした。友人はバスにもひょいと乗せていたのは思い出せるのですが…

雨天の日は友人はどうしていたのか( ・д・)? 全く思い出せません。いまはしょっちゅうゲリラ豪雨もあるので、大きな楽器の方は昔よりさらに大変になっていると思います…

それほど大きくない自分の楽器ですが、飛行機で移動する場合はもう一席とってくださいと言われました。公共交通機関での楽器の運搬は大変です。いまは会社帰りに楽器レッスンに行っているので通勤時に楽器を持っていきますが、首都圏ではこれは不可能だと思います(-_-;) 

また、運搬時ではありませんが、私の先生と一緒に演奏するベース奏者の方は、ライブハウスのスタッフに楽器を倒されて壊れたらしく… 補償問題で大変だったそうです(ノД`)

小さな楽器は手元に置けますが、上記まとめのような大きな楽器はそんなわけにいきません。実は、コントラバスを持ち歩く人には私は友人以外に出会ったことがないので… 大きな楽器の方は気を遣って人の少ない時間帯に動かれているのかもしれません。もし、巨大なケースを見かけられましたら、ある意味レアだと思って!ちょっと気をつけてくださると嬉しいです(*^_^*)

それにしても、この新幹線メモがとても気になります(-_-;)