今日より素晴らしい明日を

どんなときでも、親切に。

新しい時代の前に

平成最後の12月ですが、

今年は、明治維新150年だそうです。

 

ウチは代々曹洞宗なのですが、

真ん中の伯父宅は、神道だそうです。

真ん中の伯父は、マスオさん状態で、

伯父の奥さんの家が神道だから

そうなっているようですが

何故、神道なのか、父も

真ん中の伯父には聞けずにいたそうです。

 

ところが、ある日、

父がテレビで見たそうです。

伯父宅の地域は廃仏毀釈の激しかった場所で

その地域では

お寺を全て破壊してしまったとのこと。

(伊勢ではありません)

 

その話をウチの美容師くんにしたところ

偶然、美容師くんの出身地が

真ん中の伯父と同じ地域とのことで

「なんてウチが神道なのか

    初めてわかりました!」

と言われました。

(法事では「かけまくもかしこき いざなぎのおおかみ〜」と読み上げるそうです)

 

廃仏毀釈という命令は

政府より出たわけではなく

神仏判然令」などを拡大解釈した人たちが

暴挙に走ったようです。

 

昔、タリバーンが仏像を破壊する映像を見て

なんて酷いことを…と思いましたが、

日本でも酷い破壊が行われていたこと…

目を背けずに学んで

新しい時代を迎えたいですね。

 

天皇も「一生の心残り」と悔やんだ、明治政府のある蛮行の記録(真鍋 厚) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)