今日より素晴らしい明日を

嫌な人にも、親切に。

河はずっと、ここにある

大好きな河合神社へ参拝いたしました。

 

f:id:rainbowstation:20181015212107j:image

 

今回もかりん水をいただきました。

 

f:id:rainbowstation:20181015212111j:image

 

神さまの目前で

美味しいものをいただけるとは、

なんて贅沢で、

ありがたいことなのでしょう。

 

ここはとてもほっとできて、落ち着きますが

 

方丈記」の鴨長明さんは

河合神社の禰宜になりたかったものの叶わず、

出家したとのことです。

 

神職から出家とは…その失望は

計り知れないほどだったのでしょう。

 

ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。よどみに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためしなし。世の中にある人とすみかと、またかくのごとし。

 

長明さんは、どこの河の流れを想像して

この文を書いたのでしょうか。

河合神社も

長明さんが禰宜になることを願った頃と

お社の規模や姿は変わっていることでしょう。

下鴨神社に高級マンションが建つなんて

長明さん、

あちらで驚いてひっくり返っているのでは

ないでしょうか。

 

けれど、あなたの名文は、

時を越えて語り継がれています。

河は流れて同じ水ではないけれど

鴨川がここに、ずっと在るように。

 

ありがとうございます( ̄人 ̄)

 

f:id:rainbowstation:20181015220954j:image