今日より素晴らしい明日を

どんなときでも、親切に。

粘液嚢胞 その後

過疎ってるブログですが、

自分のブログのアクセス数ランキングは

昔の粘液嚢胞の話が上位にあります。

 

たいしたことのない記録ですが

お役に立っているのかしら(-_-;)?

 

そんなワケで

粘液嚢胞のその後の話です。

 

【その一】

粘液嚢胞の診断をされて

即手術をすすめられましたが

その日はランチの約束をしていたので

後日手術をしたのですが

手術の日には

なぜか最初に診断されたときより

小さくなっていました。

 

そのせいか、手術で取り切れなかった?

 

実は、いまも小さな芯が残っています。

 

ワタクシ、

実は楽器をちょこっと吹いてますが

それには影響がなく

大きくなることもないので

このまま放っておいていいのかな?と

そのままにしてあります。

 

これだけ小さくで害にならないのなら

おつきあいしていっても

いいのかな、と。

 

【その二】

入っている保険で

日帰り手術でお金がおりることに

 

ワタクシ、

全く

気がついておりませんでした!

 

粘液嚢胞で手術される方、

あっという間に終わる手術ですが

ご自分の保険がどういう契約か

見ておいたほうがいいですよ!