今日より素晴らしい明日を

嫌な人にも、親切に。

批判は書きたくないけれど

私はもともと

イルミネーションが

大嫌いな人間です。

高校時代に

○ィズニーランドの

○レクトロニカルパレードを見て

「電気代がもったいない( ̄ー ̄;)」

と思っていて

みんなから

「変な人」という顔をされていました。

 

今でこそ、夜の訪れが早いこの季節は

暗くて怖いところに

あかりが灯ることは

ありがたいと思えるようになりましたが

 

都会の樹木に

無理にLEDをくくりつけるのを見て

毎年「なんだかなー」

と思っています。

 

そして、最近

仕事でバタバタしていたことやら

八大童子のことばかり

考えていたので

全然知りませんでしたが

 

批判浴びる世界一のクリスマスツリー企画 文章掲示もさらなる炎上に? - ライブドアニュース

 

大変なことになっているようですね。

 

世界一のクリスマスツリーがヤバい - 生物学博士いいなのぶっちゃけていいっすか?

 

ここまできてしまったら

中止をしても、この木の命が

助かるわけではないのだろうけれど、

まるで木が

縛り首にされて

生贄にされているかのような

気がしてしまいました。

 

もちろん私も

昨年はヒノキのまな板を買い、

普段も木のスプーンを愛用し

木の箸を使い

木造建築大好きで

(ウチは鉄筋です(^_^;))

大好きな八大童子立像だって木造で

批判をする立場にはないでしょうけれど

 

せめて

地球上で

共に生きている仲間であることは

常に忘れずにいたいです。

 

樹木も人間も

自然に朽ち果てることの

許されない世の中に

なってしまいました。

はたして、幸せなことなのでしょうか。