今日より素晴らしい明日を

嫌な人にも、親切に。

うしの日でなくとも

ウチの母方の親戚は

ウナギが好物で

脂っこいものが苦手な母も

ウナギだけはよく食べていました。

その影響で私もウナギが好きでしたが

 

最初に勤めた会社で

肉体的にも精神的にも

疲れ果てていたとき、

とにかくウナギが食べたいー!

と言って、

本当によく食べていました。

2週間に1度は食べていたかと。

まだウナギが絶滅するなどと

言われていない頃でした。

 

しかし

ある日を境に

ぱたっと、

ウナギを欲することがなくなり

代わりに

毎日湯豆腐を食べたい!

という欲求になりました。

 

あの頃、疲れていたけれど

身体が何を欲しているか

わかったということは…

そんなには深刻な状態では

なかったのでしょうね(^_^;)

 

それとも若かったから( ̄▽ ̄)?

 

f:id:rainbowstation:20170725204543j:image

 

しかし、

今再び毎日ウナギ食べたい欲が出たら

ものすごく大変なので

(種の保存的にも金額的にも)

 

身体ときちんと相談して

過ごさないといけませんね。

 

蒲焼の良いニオイを嗅ぎながら

そんなことを、考えていました。