読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日より素晴らしい明日を

趣味は寺社参拝です。真面目に参拝しておりますが、参拝日記もそれ以外もできるだけ楽しく書いております。

あをによし 1

寺社詣

f:id:rainbowstation:20170313121015j:image

 

昨年、丹生都比売神社への参拝を終え

乗ったバスが

赤い車の車列とすれ違いました。

車種はどれも違うものの

こんな山中のカーブ道に

不釣り合いなオサレな赤い車たち…

 

同じ宿だった同行の方が

「まさか神社に参拝じゃないですよね」

とおっしゃいましたが

「丹生都比売神社の丹生は

   朱い砂のことですし

   朱を司るという意味で

   赤好きの人たちの安全祈願かも

   しれませんよ(^。^)」

なんて答えました。

 

そんな発言をしたからか自分も

「また、赤い神社に参拝したい」

と強く思うようになりました。

 

赤い神社といえば

伏見稲荷なのでしょうけれど

ワタクシはお稲荷さん苦手( ̄ー ̄;)

とりあえず赤いところに行こう!と、

昨年11月に京都を訪れた際に、

楼門の赤い

上賀茂神社下鴨神社に参拝しました。

でも、大好きな神社なのに

「赤い神社欲」(?)は満たされず…

本殿は赤くないからそうよねーと思い

 

昨年末鎌倉に行った際、

鶴岡八幡宮に参拝しました。

ここは本殿も朱塗なのに

「赤い神社欲」(?)は満たされず…

 

鶴岡八幡宮といえば

源氏の氏神さまで、

私も傍系とはいえ

源氏系のはずなのですが…

 

そういえば源氏、といえば白、なのに

私、赤色が

とくに深い赤が大好きなんです。

赤といえば平家なのに…

小学生の頃は源氏系ということは

知りませんでしたが、

白組になると

テンションが下がるくらいな赤好き。

 

源氏系と知ってからは

なんで赤好きなんだろう?

とは、おぼろげに思っていたのですが

答えが出るわけもなく( ̄ー ̄;)

 

そして昨年は

広島カープ真田丸のおかげもあって

赤い神社欲は募るばかり。

年明けになったら

気分が変わるかもと思ったのに

赤い神社欲は強くなるばかり…

 

・・・・・・・

 

そんな中、

ヒントを下さったのは

やはり

空海さん」

 

私のご先祖さまは空海さんゆかりの

お寺にいたかも?

という話があるのですが

(詳細不明)

 

空海さんといえば

 

「辰砂」

 

私が求める赤は

辰砂の赤なのか、と。

 

・・・・・・・

 

丹生都比売神社参拝後に

いちばん上に書いたような

発言をしたのに

自分がいちばん、

わかっていなかった!!

 

あ、ウチの車の色は

赤ではないです( ̄ー ̄;)

 

つづく!

 

 

広告を非表示にする