今日より素晴らしい明日を

嫌な人にも、親切に。

父のことと、眼振

眼球振盪という
先天性の病気を
持っています。

こちら↓

眼振と略して
記されることのほうが
多いと思います。

めまいなどで
普通の人でも
なることがあるようです。

私は
水平方向のみの
眼振です。

一応
ものは静止して
見えていますが
左側は
見えにくいです。

逆に
右方向は
見やすいので
首を
左に向けていることが
多いようです。

自分では
よくわかりません。

だって
この世界しか
知らないんですもの…

でも、
目はキョロキョロするらしいし、
まばたきは多いらしいし、
向いているのは
正面ではないし…

ということで。

小学生のときは
色々言われました。

未だに
「あの人変〜」
と、思って
敬遠する人も
いると思います。

そんなこと
気にせず
つきあってくれる
友人は
本当にありがたいです(^人^)

父からの遺伝です。

祖母は違ったそうですが、
父方の祖母の姉に
そういう方が
いたそうなので
その遺伝かと思います。

父も私も
車は運転できるくらいなので
ありがたいです。

しかし、
天気などで
視力は左右されやすいし
一時間以上の運転は
極度に疲れます。

父は
私よりひどく、
緊張すると
ものが注視
できなかったらしく、
幼い頃
当てられとき、
本を朗読することが
字がブレて
読めなかったそうです。

私は
そこまででは
ありませんが…

一番苦手なものは
電光掲示板です。

首を極度に
傾けないと
読めません。

しかし、
どうやら父は
全く読めないようで…

ああ、
父は
私より
もっと
辛い思いをして
生きてきたのだなあと
思いました。

人に言えない病気、
人に気付かれない程度だけど
悩める病気を持った方は
本当に多くいらっしゃると
思います。

私にできることは
ないに等しいし
病気をなくすことは
無理なのでしょうけれど。

見かけや
病気によるものが
「差別」でなく
「特徴」となる
世の中になるよう。

祈って生きて
ゆきたいと思っています。

広告を非表示にする