読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日より素晴らしい明日を

趣味は寺社参拝です。真面目に参拝しておりますが、参拝日記もそれ以外もできるだけ楽しく書いております。

ちいさいオジサン つづき

f:id:rainbowstation:20130104224033j:plain

「小さいおじさんと友だちになれる本」

先日、買ってきました~と書きましたこの本。

 

読みました~。

マンガ入りで、すぐ読めてしまいます。

小さいおじさんは、植物の妖精らしいです。

そして、30センチくらいらしい…

んん~。思ってたより大きいです…

 

そして、なんと、ホームページもありました!!

http://www.chiisai-ojisan.com/

「小さいおじさん見える度テスト」

も、ホームページにあります!

ちなみに、ワタクシの結果は「B」でした。

 

実は、ワタクシ、植物を育てるのが苦手です(-_-;)

手には「火の手」と「緑の手」があるようで、

「緑の手」の持ち主は何をしなくても、植物を上手に育てられる人。

「火の手」の持ち主は植物を枯らしてしまう人…

 

私だ!!!

 

サボテンも3つ枯らしました…←最低

 

そんな風に植物とは相性が悪い私。

小さいおじさんとしては、どうなんでしょうね(-_-;)

 

決して、植物が嫌いなわけではないですが…

 

小さいおじさんがいる!と思って

植物と接したら、変わってくるかな…?

 

この本の作者の小さいおじさん研究科のフクちゃんさんが、

こう記されていました。

「小さいおじさん達の存在を広めることで、

 自然にはそういう妖精がいるんだと知ってもらえれば、

 自然を大切にする人達が増えるのではないでしょうか。

 人間と小さいおじさんが共存していけば、

 世の中も良くなっていくと僕は考えています。

 ここ数年、小さいおじさんの目撃証言が多くなっているのも

 そういった地球からのメッセージを反映させているのだと

 思います。」

 

私も小さいおじさんは見られませんし(できれば見たいんですが)、

もちろん、信じられない人も多くいらっしゃると思います。

でも、地球が悲鳴をあげていることは、誰もが確かにわかることだと思います。

人間だけで生きているわけではない。

私達はたくさんの生き物と一緒の世界で生きる生物。

こうしたメッセージを小さいおじさんを通して、伝えてもらえるのは

まだこの星も、救いがあるという証拠なのかな、と思います。

後の世のみんなが、青く美しい地球で過ごすことができるよう

今の世を生きる私達が、

責任をもって行動しなくてはならないと思いました。